中古住宅 × リノベーション
ホームに戻る / リノベーションという選択肢

リノベーションという選択肢

Renovation

              

新築ではなく中古住宅を購入して、フルリノベーションを行うという選択肢。     



「庭付き一戸建て」はやっぱり家を建てる方にとって憧れ。ですが現実的には土地が見つからない、土地価格が高いといった課題があり、諦めてしまう方も少なくありません。そんな方に一度考えていただきたいのが、「中古住宅を購入してリノベーションする」という選択肢。希望の土地に中古物件をみつければ、見た目は新築同様にフルリノベーション。セルフビルドを楽しみながら徐々に自分らしい家に仕上げてゆく、これまでには無い新しい家づくりのカタチが注目をあつめています。



         
    


一般に、建物の資産的な価値は年数に応じて減じていくため、築古の建物ほど価格は安くなり、20年以上経過すれば、建物そのものの価格はほぼ底値まで下降します。木造住宅はとくにその傾向が強く、築20年の中古物件は、ほぼ土地代のみで購入できるということです。築20年経過の中古戸建をリノベーションすれば、土地代+リノベーション費用で、新築同然の家を手に入れられるのです。




新築のための土地を探すのは簡単なことではありません。人気のエリアはすでに住宅や商業施設で埋まっており、ようやく土地が見つかっても、広さが充分でなかったり用途地域の条件によって、建物の床面積や高さに制限が設けられたり、という可能性もあります。中古住宅であれば、すでに住宅が建てられている条件のよい土地をその建物ごと購入できるというメリットがあります。





既存住宅をベースにするので自由度が低いと思われるかもしれませんが、実際にはリノベーションであってもかなりの部分まで自由に間取りを変更することが可能です。増築や減築によって、家の大きさを変えることだって可能です。